セッションリプレイ

セッション・リプレイのレコーディングをローカルに保存する

これまでの記事では、Mouseflowを使った分析方法の例をご紹介してきました。

では、それらの方法から得た結果を基に資料作成やプレゼンをする際に、レコーディングの動画やヒートマップのキャプチャ画像を使用したくはありませんか? Mouseflowにはそのための機能も付いています。今回はレコーディングのダウンロード方法をご紹介します。

レコーディングのダウンロードは、以下の手順で可能です。

レコーディング一覧画面を表示します。対象のレコーディングにカーソルを合わせると、対象レコーディング欄の右にアイコンが三つ表示されます。その真ん中の三本線をクリックして表示されるメニューの上から5番目の「DOWNLOAD RECORDING」をクリックするとzipファイルがダウンロードできます。

また、ダウンロードしたいレコーディングの再生画面からもダウンロードは可能です。

画面右上の三本線のアイコンをクリックしてメニューを表示させ、上から五番目のDOWNLOAD RECORDING」をクリックするとzipファイルがダウンロードできます。

ダウンロードしたレコーディングを再生するには、zipファイルを展開して “index.html” ファイルをダブルクリックします。
※ レコーディングの再生に一番適しているのは Firefox で、他のブラウザではうまく再生できないことがあります。

これでMouseflowを使った分析だけでなく、資料作成やプレゼンも捗りますね。

以上、レコーディングのダウンロードについてご紹介しました。次回はヒートマップのキャプチャの撮り方をご紹介していきます。

高機能ヒートマップツール「Mouseflow」について気になることがありましたら、画面上部の「お問合せ」よりお気軽にお問合せください。

関連記事

  1. セッションリプレイ

    セッション・リプレイの機能強化

    Mouseflowのセッション・リプレイがアップデートされました。…

  2. セッションリプレイ

    【Tips】セッションリプレイについて

    Mouseflowの強力な機能の1つであるセッションリプレイについて、…

  3. セッションリプレイ

    セッション・リプレイ

    今回はMouseflowのもう一つのメイン機能、セッション・リプレイを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. System Managerを利用したVPC内Redshif…
  2. Amazon Redshift ビルド168まとめ
  3. Tableauのテスト自動化を実現する Wiiisdom O…
  4. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  5. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  1. Google Cloud Platform

    Looker: LookerbotでSlackにグラフ画像をスケジュール投稿する…
  2. Metabase

    Metabotを使ってSlackにMetabaseのグラフを投稿する
  3. KARTE

    KARTE:カスタムイベントでページの要素を取得して接客を出す
  4. Adobe Dynamic Tag Manager

    【Adobe Analytics,Launch】進化するDebugger
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能…
PAGE TOP