Adobe Analytics

Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する際の小技

こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。

今回も、かつて個人ブログで書いた記事をこちらに転載します。
アプリ計測で使う、Mobile SDK 4.xについてです。

4.xよりも前のSDKでは、SiteCatalyst時代からおなじみの、s.変数に直接値を入れるやり方で実装出来ました。

s.pageName = "top";
s.prop1 = "main";
s.eVar1 = "man";
s.events = "event1";
s.track();

ところが、SDK4.xからは、Context Dataに入れた値をProcessing Rule(処理ルール)でレポートに入れるというメンドクサイ方法になりました。

Context Data and Adobe Mobile Analytics: Change is Good

こんな風です。

HashMap cdata = new HashMap<String, Object>();
cdata.put("my.section", "main");
cdata.put("my.gender", "man");
cdata.put("my.action", "login");
Analytics.trackState("top", cdata);

みたいに実装して、Processing RulesでContext Dataからそれぞれ任意のレポートに値をコピーする、と。
この方がより直感的だ、と言われてるそうですが、昔ながらのSiteCatalystのインプリに慣れてるので、心地悪い。
あと、Processing RuleだとビーコンをCharlesやBloodhoundで見て目視、という確認がやりづらい。

従来のs変数に直接値を入れるやり方がもう出来ないのか?という訳でもありませんでした。
Processing Rulesがサポートしていないproducts変数や、events変数のシリアライゼーションは”&&”を付けて直接値を代入するやり方です。

Products Variable – Android SDK 4.x for Marketing Cloud Solutions

cdata.put("&&products", "Category;Product;Quantity;Price");

見慣れたproducts変数の構文です。

Event Serialization – Android SDK 4.x for Marketing Cloud Solutions

cdata.put("&&events", "event1:12341234");

お馴染みのイベントシリアライゼーションの書き方です。

というわけでビーコンパラメータ名(変数名ではない)に、”&&”を付けることで、Context Dataではなく、通常のパラメータとして処理されるようです。
Adobe Summit 2016の中の、Mobile App Ninjaのセッションでも裏技として紹介されてましたね。

パラメータ名だとこうなります。

prop1 → c1
eVar1 → v1

HashMap cdata = new HashMap<String, Object>();
cdata.put("&&c1", "main");
cdata.put("&&v1", "man");
cdata.put("&&events", "event1");
Analytics.trackState("top", cdata);

pageNameはtrackStateの第一引数なので仕方ないけどこのまま。
で、ビーコンをログで見るとちゃんとパラメータに入ってますね。
sdk4log
&c. から &.c の間に入るとContext Data扱いになり、Context DataはProcessing Rulesで拾わない限りレポートには出てきません。
で、”&&パラメータ名”という書式でセットすれば、&c. ~ &.c の外につくので、Context Dataにならない。
そのため、Processing Rulesを使わなくても、直接値をセット出来る、という仕組みです。

この”&&パラメータ名”の仕組みを使って直接値をセットすれば、”D=”のDynamic Variablesも使えるので

cdata.put("&&c1", "foobar");
cdata.put("&&v1", "D=c1");

という書式でprop1の値をeVar1にコピーする、おなじみのインプリも可能です。

events変数に数値を入れるカウンタ型を使う時も

cdata.put("&&events", "event2=5");

この書き方で対応します。

弊社ではAndroid/iOSアプリへのAdobe Mobile SDKの実装支援サービスを行っております。
お問い合わせはこちらから

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

    Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は…

  2. Adobe Analytics

    続・SafariのITP2.x対策として別サーバー使ってクッキーを永続化する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    Metabase: カスタムマップで日本地図を追加する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(コン・ヨンドン)です。今回は…

  4. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: s.Util.getQueryParam で複数パラメータ同時取得

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  5. Adobe Analytics

    Azure DatabricksでAdobe AnalyticsのDatafeedを分析する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: ランドスケイプの「企業ログ解析データベースAPI」と連携する

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

最近の記事

  1. Databricksが買収した8080Labのbambool…
  2. databricksのnotebookを使ってみよう その2…
  3. databricksのnotebookを使ってみよう その1…
  4. databricks:GCPで利用を開始する
  5. KARTE「オフラインデータをオンライン接客に活用する」
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をBigQueryのDa…
  2. Google Analytics

    Google Analytics 4: イベントパラメータをセッションスコープで…
  3. Adobe Audience Manager

    Adobe Audience Manager: REST APIを使ってTrai…
  4. Amazon Web Services

    【初心者向け】AWSを学ぶ前に確認したい用語
  5. ヒートマップ

    Mouseflowの新機能:ヒートマップからフリクションが検知されたセッションリ…
PAGE TOP