Adobe Dynamic Tag Manager

Adobe DTMからAdobe Launchに一発アップグレード

こんにちは、エクスチュアの権泳東/コン・ヨンドン(@exturekwon)です。
いい加減このブログのタグマネージャーをAdobe DTMからAdobe Launchにアップグレードして乗り換えました。
今回はその手順についてのメモです。

Launchへの一発アップグレード可否チェック

DTM/Launchの開発パートナーである、Search Discovery社が乗り換え可否をチェックしてくれる査定ツールを提供してます。

Adobe DTM to Launch Assessment Tool | Search Discovery

ChromeアドオンのLaunch and DTM Switchからもリンクされてます。

DTM SwitchからAssement Toolにリンクされてます。

査定サイトにアクセスして、サイトのURLまたはDTMのプロパティJS(satelliteLib.js)のURLをテキストボックスに入力するだけで乗り換え可否をチェックしてくれます。

Launch Assessment Tool

チェックが完了すると結果が表示されます。

査定結果に問題なし

Issueの数が0でした。全く問題なしです。

残念ながら Issueの数が赤文字で1個でも出てきた場合は問題ありです。
問題のあるDTM設定は、あとから手作業でLauchに同等のロジックで実装しなおしましょう。。

いざアップグレード

それではアップグレード作業に進みます。
当然ながらこの作業で新しいLaunchプロパティを作成するため、Launch管理者権限が必要です。

それではAdobe Experience Platformにログインして、DTMを開きます。
→ DTMに直接ログインせず、かならずAEPポータルから入る事。

対象のプロパティを開いて、Launchへアップグレードのボタンを押します。

Launchアップグレードボタン

チェックボックスが2つあるので、両方ともチェックします。

2つともチェック入れる

アップグレードはすぐ終わります。

アップグレード完了

Development環境へのパブリッシュ作業

Launchに移行された設定をDevelopment環境に適用して、ブラウザで動作確認をします。
Publishing > Create New Library から Development環境にすべての設定を反映します。

Launchの初期発行作業

この段階ではLaunch and DTM Switchによるstagingファイルの確認が出来ないので、私はCharlesを使います。

Charlesの MapRemote 機能を使って、DTMのプロパティJSのURLをLaunchのDevelopment環境のプロパティJSのURLにマッピングすればOKです。

Environments から Development環境のJSURLを取得

Envrionments > Development からJSURLを取得します。
そしてCharlesの Tools > Map Remoteで、DTMのJSURLとLaunch DevelopmentのJSURLをマッピングしてから、タグをデバッグすればOKです。

MapRemoteを使う

例外:一箇所だけ手作業で修正

弊社はDTMの中のAAタグでは実はreturn falseでビーコンを送信せずに、ページ読み込みルールで別途AAビーコンを発火させてました。
しかしLaunchに一発アップグレードした結果自動的に sendBeaconルールが出来上がってしまいます。
もしデフォルトでsendBeaconせずに、ページ別のルールでAAを発火させたい場合は、デフォルトのsendBeaconルールは削除/Deactivateしましょう
※DTMでreturn falseしてない場合はこの作業は不要です。

「AA pageview」で発火させてるのにデフォルトでSendBeaconルールが出来上がるので削除

本番パブリッシュして完了

あとはLaunchの通常の手順で本番までパブリッシュすると、DTMのJSURLのまま、中身がLaunchにアップグレードされます。
Launch and DTM Switchアドオンの表記が「Launch Detected」に変わってます。

LAUNCH DETECTED!

これでDTMからLaunchへのアップグレード完了です!

まとめ

Adobe DTMは来年でサービスの提供が終わるので、Adobe Launchへのアップグレードが必須です。
Assessment Toolで問題がなければ、ぜひLaunchへ一発アップグレードしてしまいましょう。

エクスチュアはAdobe Analyticsに10年を超える長い経験を持ち他のAdobe Experience Platform製品の導入や活用の支援を行っています。
お困りの方はこちらからお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:計算指標でevents変数を後付けでパーティシペーションにする

    こんにちは。CEOの原田です。なるべくこのブログでは新しめな内容を…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能の…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能

    こんにちは、CEOの原田です。今回は随分前から公開されてるのに…

  4. Adobe Dynamic Tag Manager

    Tag Manager: Adobe DTM で Google Analytics (gtag.js…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe Dy…

  5. Ad Hoc Analysis

    Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方…

    Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B…

最近の記事

  1. 【TC19ブログ】新しいデータモデリングを解説する
  2. 【TC19ブログ】セッション紹介:DataRobot×Tab…
  3. AdobeAnalytics Datafeed: BigQu…
  4. 【TC19ブログ】Tableau Conference 20…
  5. 【TC19ブログ】Tableau Conference 20…
  1. Firebase Analytics

    GoogleAnalytics Apps+Web プロパティをBigQueryと…
  2. ObservePoint

    ObservePoint:強力でアツい機能を持つサイト監査ツールの紹介
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQuery+Lookerでアトリビューシ…
  4. Adobe Dynamic Tag Manager

    【Adobe Analytics,Launch】進化するDebugger
  5. Adobe Analytics

    AdobeAnalyticsでReactNativeアプリを計測する
PAGE TOP