Adobe Analytics

Adobe Analytics:計算指標でevents変数を後付けでパーティシペーションにする

こんにちは。CEOの原田です。
なるべくこのブログでは新しめな内容を書いていこうと思ってましたが、こんなん普通やろという内容も参考になる場合があるのではないかと思って書いていくことにしました。

ということで、Adobe Analyticsでだいぶ前からできるようになっていた、計算指標でイベントをパーティシペーションにする方法を共有します。パーティシペーションはAdobe Analytics特有の指標で、例えばevent1をevent1が発生する前のpageNameやeVarに対して1ずつ計上させる機能です。詳しくはアドビのヘルプをご確認ください。パーティシペーションを理解していないコンサルにページレポートでコンバージョンゼロですねってレポートを受け取っている方はお問い合わせください。

今まではパーティシペーションは管理ツールで事前設定をする必要があり、設定を忘れがちで後で後悔することが良くありましたが、今は計算指標でパーティシペーションを作れるので便利です。手順を以下に記します。

①計算指標ビルダーに行く

ワークスペースで、パーティシペーション化したい指標を右クリックで計算指標ビルダーに行くのが一番楽です。

ワークスペースでパーティシペーション化したい指標をフリーフォームに配置して、指標の上で右クリックします。
「選択した項目から計算指標を作成」をクリック。

 

「計算指標ビルダーで開く」をクリック

 

②計算指標ビルダーでアトリビューションを選択、パーティシペーションを選ぶ

指標がドロップされた状態で計算指標ビルダーが開かれるので、その指標の歯車アイコンをクリックし、「デフォルト以外のアトリビューションモデルを使用」をクリック。

 

「パーティシペーション」を選択し、指標名を記入して設定完了。

③おしまい
レポートの例がこのようになります。

お問合せ数という指標がコンバージョンになります。
通常のイベントと、訪問パーティシペーション、訪問者パーティシペーションで並べてみていますが、それぞれイベントの数の立ち方が変わっていることがわかります。

パーティシペーションは高頻度で使われている機能で、今は簡単に設定できるようになったので必ず設定するようにしましょう。

 

エクスチュアはAdobe Analyticsに非常に長い経験を持っていて様々な支援が可能です。
お困りの方はお気軽にお問合せください。

 

ピックアップ記事

  1. 最速で理解したい人のためのIT用語集

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: DWHレポートの日付列をBigQueryのDate型として扱う

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryでパーティシペーション指標を集計するSQL

    こんにちは、エクスチュアの權泳東(権泳東/コン・ヨンドン)です。…

  3. Adobe Analytics

    【超わかる】WEB解析の全貌

    はじめにこんにちは!インターン生の與那覇(ヨナハ)です今回は時代の…

  4. Adobe Analytics

    カスタムイベントとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はカスタムイベントの指標について説明します。カスタムイベントとは…

  5. Adobe Analytics

    バウンスと直帰-Adobe Analytics

    こんにちは!インターン生の藤本です。今日はバウンスと直帰について説明…

  6. Adobe Analytics

    バウンスとは-Adobe Analyticsの指標説明

    今回はバウンスについて説明いたします。バウンスとはサイトを訪問した…

最近の記事

  1. KARTE を使ってサイト外でも接客を
  2. 【GA4/GTM】dataLayerを活用しよう
  3. ジャーニーマップをデジタルマーケティングの視点で
  4. ChatGPT ProからClaude3 Proへ移行した話…
  5. その分析、やり方あってる?記述統計と推測統計の違い
  1. ObservePoint

    Webサイトのプライバシーポリシー検証(1/6):プライバシーポリシーを設置する…
  2. ブログ

    エクセル関数の基礎
  3. Azure

    Google Cloud StorageとAzure Blob Storage間…
  4. Google Analytics

    【GA4】DebugViewの使い方
  5. Adobe Analytics

    BigQuery: テーブルに格納されたURL文字列をKey-ValueのSTR…
PAGE TOP