Google Cloud Platform

Looker: LookerbotでSlackにグラフ画像をスケジュール投稿する

こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。

最近はLookerをいじり倒すのが仕事になってます。
という訳で今回もLookerの小技です。
前回はLookerbotをGCPのCompute Engineにデプロイしたので、今度はそのLookerbot経由で定期的にLookerのグラフをSlackチャネルに投稿します。

やり方はここに書いてあるとおり、Lookerのスケジュール機能からLookerbot経由でポストします。
Scheduling Data to Slack

1. Lookerのスケジュール機能を設定

投稿したいLookを開いて、右側にある「Create Schedules」を開きます。

スケジュール設定を行う

スケジュール配信設定を下記のとおり設定します。

  • Give your schedule a name: このスケジュール設定の名前をつける
  • Where shoud this data go?: Webhookを選択
  • Webhook URL: https://{LookerbotインスタンスURL}/slack/post/channel/{チャネル名} を入力
  • Format data as: デフォルトのままでOK ※ここの設定は無視される

その他は配信時間やフィルタを任意で設定します。

スケジュール設定項目を入力

さて、ここで問題発生。
Webhook URLはSSL必須です。
私はGoogle Compute EngineでLookerbotを立てたのでインスタンスへのアクセスはHTTPでIPアドレス接続してます。
しかしここに通常のhttpプロトコルのURLを登録するとエラーになって設定を保存できません。

というわけで、ここまで来てLookerbotインスタンスにSSL接続出来ない場合は、GCPで最も手っ取り早くSSL環境を確保できるGoogle AppEngineのスタンダード環境でリバースプロキシを立てましょう。
手順は後述の3. GAEでリバースプロキシ構築に記載します。

既にLookerbotにSSLでアクセス出来る場合はこのあとスケジュール設定のテストに進みます。

2. Lookerのスケジュール設定をテストする

スケジュール送信をテストしたいので、設定画面右下の「Send Test」ボタンをクリックします。

クリックすると「On its way!」というメッセージが表示されたのち、しばらくしてSlackのチャネルにLookグラフが投稿されれば正常に動作してます。

On its way!

もしエラーが起きた場合は、エラーメールが届くので、記載内容を読んで下さい。
私は最初は「Webhook URLがHTTPじゃダメだよ!」的なエラーが出てました。

さて、出てきたグラフがこちら↓

GCP課金額をLookerで表示

GCPの課金額をプロジェクト別にグラフ化するLookを毎朝投稿するようにしました。
LookerでGCP課金データを扱うためのLookMLが公開されてるので、これの使い方は別の記事で紹介します。

テスト投稿が上手く行ったので、「Save All」ボタンをクリックして設定を保存します。

あとは、Slackチャネルに予定どおりの時間にグラフが投稿されるのをwktkしながら待ちましょう。

 

3. GAEでリバースプロキシ構築

※以下はSSL環境が必要な人向けです。

Node.jsのスタンダード環境で構築します。

app.yaml

runtime: nodejs8

index.js

const http = require('http');
const httpProxy = require('http-proxy');
const port = process.env.PORT || 8080;
// 下記IPアドレスはVMのExternal IPアドレスに変更する事
httpProxy.createProxyServer({target: 'http://198.51.100.1:3333/'}).listen(port);

コードはたったのこれだけ。依存パッケージはhttpとhttp-proxyだけです。
これらはnpmでインストールします。

package.json
package.jsonはnpm initで作るとして、起動時にindex.jsを実行したいので下記のようにscriptsフィールド内でindex.jsを指定してください。

  "scripts": {
    "start": "node index.js"
  },

あとはこれをAppEngineにデプロイするだけです。

そしてSSLで https://{プロジェクトID}.appspot.com/にアクセスするとリクエストがLookerbotインスタンスのTCP:3333番ポートにフォワードされる、という事です。

まとめ

今回はLookerのスケジュール設定を使って、Lookerbot経由でSlackチャネルにグラフをスケジュール投稿する方法について説明しました。
スケジュール投稿のためのWebhook URLはSSL必須なので、Google AppEngineでお手軽SSLリバースプロキシを作る方法もおまけで紹介しました。

弊社内ではもはやメールでのコミュニケーションは対外用で、社内は完全にSlackでコミュニケーションしてます。
そんな環境では、Lookerのグラフを定期的にSlackチャネルに投稿する事で、社員がよりデータに身近になる事が期待されます。

弊社は今話題のBIツールLookerの導入支援を行っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe AnaltyicsとGoogle Analytics の「生Webビーコン」をBigQu…

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。前回の…

  2. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsからDWHレポートをGoogle Cloud Storageにアップロ…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。以前、AdobeAna…

  3. Google Cloud Platform

    Google Compute Engine: 一定時間経過したらタスクを強制終了する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はGC…

  4. Cloud Dataflow

    Firebase AnalyticsのデータをフラットなCSVに変換する – Googl…

    こんにちは。エクスチュアCTOの権です。以前Firebas…

  5. GA 360 Suite

    BigQuery: Google Analytics 360のネストされたデータをフラット変換するS…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGA360のBi…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQuery+Lookerでアトリビューション分析

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はAd…

最近の記事

  1. AA + GA : SafariのITP2.1に備えてphp…
  2. Tableau:分かりやすいLOD – EXCL…
  3. Tableau:スペース区切りで複数検索が出来る検索ボックス…
  4. Google Analytics 360 + BigQuer…
  5. Looker: 公開されているLookML Blockをクロ…
  1. Adobe Dynamic Tag Manager

    Tag Manager: Adobe DTM で Google Analytic…
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標
  3. Looker

    Looker: 公開されているLookML Blockをクローンして使う方法
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをD…
  5. Adobe Experience Cloud

    Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取り早く回避する
PAGE TOP