Google Cloud Platform

Google Compute EngineのUbuntu VMにスワップ領域を作成する

こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。

今回はGCEのUbuntu VMにスワップファイルを作成する方法についてです。

GCEでLinux仮想マシンを作成すると、UbuntuだろうがCentOSだろうがスワップファイルがない状態で仮想マシンが作成されます。
別にswapがなくても困らないくらい潤沢なメモリを積んでれば問題はないのですが、f1-microタイプのインスタンスで、ちょっとメモリを使う処理をしたりすると、あっという間にメモリ不足になります。

というわけで、f1-microじゃなくてもswap作っておきたい場合は下記の手順で作成します。
なお、Ubuntuでの手順です。16.04と18.04で確認しました。

1. swapファイルの状況を確認する

 
まずはfreeコマンドでswapの有無を確認します。

$ free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:            581         148          90           0         342         336
Swap:             0           0           0

Swap:がゼロになってます。

2. swapfileを作成する

 
それではswapファイルを作成します。
とりあえずサイズは1GBで作ります。

$ sudo fallocate -l 1G /swapfile
$ sudo chmod 600 /swapfile
$ sudo mkswap /swapfile
$ sudo swapon /swapfile

これでswapが作成されました。

3. スワップファイルを確認する

 
作成したスワップの状況を確認します。

$ free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:            581         148          88           0         344         336
Swap:          1023           0        1023

Swap:のtotalが1023になりました。
これで1Gのスワップが出来上がりです。

4. 再起動時にスワップファイルを自動マウントする

 
このままだと再起動した時にswapが自動マウントされないので、fstabに設定を追記します。

/etc/fstab に下記の1行を追加すればOKです。

/swapfile none swap sw 0 0

今回はGoogle Compute Engine上のUbuntuマシンにSwap領域を追加する方法についてでした。
弊社ではGoogle Cloud認定データエンジニアがGCPを使った分析基盤構築や、分析の支援を行っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ。

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Google Cloud Platform

    Google Compute Engine のLinuxVMにVNC接続する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回は、GCEのLin…

  2. Google Cloud Platform

    GoogleNext 2019レポート:2日目

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Googl…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsに入り切らないデータをBigQueryに投入する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Ado…

  4. Google BigQuery

    GCP: 今月のGCP課金額をslackに自動的に書き込む

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGCPの課金額を…

  5. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsのDatafeedをBigQueryのColumn-based Tim…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はBigQuery…

  6. Firebase Analytics

    Firebase AnalyticsのデータをフラットなCSVに変換するETL処理

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今日はFirebase A…

最近の記事

  1. Databricks: Delta Lakeを使ってみる
  2. Adobe Analytics:計算指標でevents変数を…
  3. Databricks: Spark DataFramesをJ…
  4. Databricks: Spark RDDで使う主なメソッド…
  5. GCPのBQMLを使ってKaggleコンペに挑んでみた(その…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: レガシーs_code.jsのリミッターを解除し…
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する
  3. GA 360 Suite

    GoogleDataStudio:複数のデータソースにフィルターを適用する
  4. ObservePoint

    ObservePointでサイト内のタグが全部まるっとお見通しだ!
  5. Tableau

    Tableau:2つの値の比較に便利な「ダンベルチャート」を作る
PAGE TOP