Mouseflow

Mouseflow:検索の仕様

こんにちは。エクスチュアの加納です。

今回は、Mouseflowの検索の仕様についてご紹介します。

Mouseflowにおいて、検索はセッションリプレイとヒートマップ機能で使用できます。
また、フィルタをかける際にURLを検索する場合があります。
これらの検索の仕様を把握すると、目的のレコーディングやヒートマップの抽出がスムーズになります。

Mouseflowの検索は、基本的に前方一致検索です。
入力した文字列と先頭が一致するURLを検索します。そのため、URLの一部に含まれる文字列のみを入力しても上手く検索できません。
セッションリプレイで検索を行うと、「条件に合致するURLのページを閲覧した訪問」のレコーディングが抽出して表示されます。
ヒートマップで検索を行うと、「条件に合致するURLのページ」のヒートマップが抽出して表示されます。

一方で、フィルタのナビゲーション(ランディングページ・含む・含まない・離脱ページの4項目)でURLを入力する場合は完全一致検索になります。
フィルタ条件に使用したいURLを完全に入力する必要があります。
ただし、”*(アスタリスク)”をワイルドカードとしてURLの末尾に入力することで前方一致検索が可能です。
入力アシストに表示される「~から始める」を選択しても前方一致検索になります。
ただし、ワイルドカードを使用しても後方一致検索はできません。

フィルタでURLを指定する際は、「含む」という言葉に注意しましょう。
「含む」とは、部分一致検索を行うという意味ではありません。
ここでは、「条件に合致するURLのページ」を含む訪問のレコーディングを抽出します。

これらの検索の仕様・特徴を使いこなし、円滑な分析を実現しましょう。

エクスチュアは、Mouseflowの導入・テクニカルサポート・分析サービスを行っています。

お問い合わせは
こちらからどうぞ

ブログへの記事リクエストはこちらまで

関連記事

  1. Mouseflow

    Mouseflow:計測対象からの除外

    こんにちは。エクスチュアの加納です。今回は、Mouseflow…

  2. Mouseflow

    Mouseflow:レコーディングを確認する前に

    こんにちは。エクスチュアの加納です。これから、Mouseflow …

  3. Mouseflow

    Mouseflow:ヒートマップ表示の仕様

    こんにちは。エクスチュアの加納です。今回は、Mouseflow…

  4. Mouseflow

    Mouseflow: MouseflowタグをWebサイトに導入する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今日はヒートマップツール「…

最近の記事

  1. Databricks: Delta Lakeを使ってみる
  2. Adobe Analytics:計算指標でevents変数を…
  3. Databricks: Spark DataFramesをJ…
  4. Databricks: Spark RDDで使う主なメソッド…
  5. GCPのBQMLを使ってKaggleコンペに挑んでみた(その…
  1. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsからDWHレポートをGoogle Cloud St…
  2. Google Cloud Platform

    Google Compute Engine: 一定時間経過したらタスクを強制終了…
  3. Google Cloud Platform

    Node.js+GAE: 日本語自然文を形態素解析してネガポジ判定をする
  4. Google Tag Manager

    Google Tag Manager: 離脱リンクのクリックをトリガーにする
  5. Salesforce

    Zapier(ザピエル)経由でSansanで取り込んだ名刺をSalesforce…
PAGE TOP