Web解析

  1. Adobe Analyticsに入り切らないデータをBigQueryに投入する

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。Adobe Analyticsはリスト変数(s.list)が3個まで使えます。しかし、サイト…

  2. AdobeAnalytics: GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの処理ルール…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGoogle Tag ManagerのdataLayer変数を、Adobe Analyticsの処理ルール…

  3. Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能

    こんにちは、CEOの原田です。今回は随分前から公開されてるのにさっぱり使われている気配のない貢献度分析について紹介します。最近のアップデートによって…

  4. Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①

    Adobe Analyticsの便利な機能のセグメント。便利なのですが仕様を分かっていないと落とし穴にはまることがあります。今回は落とし穴の一例として、「意図し…

  5. Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方…

    Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B または C または D または E または F」のように、複数の条件を設定することが…

  6. Adobe Analytics:Report Builderの小技:リクエストのあるシートを丸ごとコ…

    エクセルでの定期レポートを作る際に、一度データブロックを作っておけば以後更新ボタンを押すだけで常に最新のレポートを得ることができる超便利機能のReport …

  7. Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使える機能ですが、うまい使い方がまだそこまでは普及していないようです。今回は一つの使用例を…

  8. Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能のセグメント。非常に有用な分析を可能にする反面、ややこしい側面もあり、意図しないデータが…

  1. Mouseflow

    Mouseflow:ヒートマップ表示の仕様
  2. Firebase Analytics

    Firebase Analyticsの新しいBigQueryスキーマを試す
  3. Google Tag Manager

    Google Tag Manager: 離脱リンクのクリックをトリガーにする
  4. Tableau

    Tableau:2つの値の比較に便利な「ダンベルチャート」を作る
  5. Cloud Dataproc

    BigQueryテーブルをAVRO形式でエクスポートしてHiveで扱う
PAGE TOP