Adobe Analytics

Adobe Analytics: DatafeedのログからパスフローレポートをBigQueryで作成する

こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。
以前このブログでAdobeのフォールアウトレポートをBigQueryで再現しましたが、今回はパスフローレポート(次ページのフロー)をBigQueryで再現します。

今回も、Adobeのデータフィードは既にBigQuery上にデータセット名「datafeed」、テーブル名「hit_data」にロードしている前提で進めます。

弊社トップページからのパスフロー

ext:index.htmlからの2ページ先までのフローを抽出します。
SQLクエリは長いので毎度のようにgithubに載せておきます。

実行結果はこのようになります。

start … 起点ページ
start_cnt … 起点ページのインスタンス数
next1 … 次のページ。離脱した場合はnullになる。
next1_cnt … next1に遷移したインスタンス数
next1_rate … next1への遷移率
next2 … 次の次のページ。離脱した場合はnullになる。
next2_cnt … next2に遷移したインスタンス数
next2_rate … next2への遷移率

という結果のレポートになります。
リロードを考慮してないので、リロードが発生すると同じ名前のページ名が連続して出てきます。

以下、何をやってるか簡単に説明します。

1. まずは冒頭のCTE(with句) 「base」 において、各ヒット毎にpost_pagenameと、その「次のページ」と、「次の次のページ」をLEAD関数で抽出します。

2. 次のCTE 「flow」 では、起点ページであるext:index.htmlと、その後のページの発生件数(インスタンス)をカウントします。

3. 3番目のCTE 「base2」 では、起点から2ページ先までのインスタンスと遷移率を出してます。

4. 全部表示するとデータが多すぎるので、2番目の遷移ページは上位5件に絞っています。

今回はAdobe AnalyticsのDatafeedログとBigQueryを使ってパスフローレポートを作成する方法について説明しました。

弊社では、Adobe認定エキスパート資格とGoogleCloud認定データエンジニア資格を持ったエンジニアが、Adobe Analyticsのデータフィードと、その他のデータソースを統合した分析基盤をGoogle Cloud Platform上に構築するサービスを提供しております。
お問い合わせはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQuery+Lookerでアトリビューション分析

    こんにちは、エクスチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。今回はAd…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント設定を作成・更新する…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe Ma…

  3. Google BigQuery

    GCP: 今月のGCP課金額をslackに自動的に書き込む

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGCPの課金額を…

  4. Firebase Analytics

    Firebase Analyticsの新しいBigQueryスキーマを試す

    こんにちは、エクチュアの権泳東(コン・ヨンドン)です。「お名前なん…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:意図しないデータが混ざる①

    Adobe Analyticsの便利な機能のセグメント。便利なのですが…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをBigQueryで集計する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。前回のブログで、Ado…

最近の記事

  1. Adobe Analytics: BigQuery+Look…
  2. Looker: エンジニアがBIで分析ダッシュボードを作る
  3. Adobe Analytics: DWHレポートをAWSのS…
  4. Adobe Analytics: レガシーs_code.js…
  5. Google Compute Engine: 一定時間経過し…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMe…
  2. Mouseflow

    Mouseflow:ヒートマップ表示の仕様
  3. GA 360 Suite

    GoogleDataStudio:GoogleAnalyticsのカスタムチャネ…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する
  5. Adobe Experience Cloud

    Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取り早く回避する
PAGE TOP