Adobe Experience Cloud

Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取り早く回避する

こんにちは、エクスチュアCTOの権です。

Adobe Targetのat.jsをDynamic Tag Manager(DTM)を使って導入すると、ページを開いた時に一瞬画面が真っ白になる「チラつき」が発生する事があります。
これをDTM設定で回避する小技を紹介します。

Adobeの公式ドキュメントにはat.jsの仕様について記述があります。
How at.js Manages Flicker | Adobe Experience Cloud Help

If you enable the Auto Create Global Mbox setting when configuring at.js, at.js will set HTML BODY style opacity to 0. After a response from Target is received, at.js resets HTML BODY opacity to 1.

at.jsをロードした時にbodyのopacityを0にして画面を一瞬真っ白にして、その後at.jsのコンテンツレンダリングが終わったタイミングでopacityを1に戻す。と書いてます。

これがお節介で、爆速ページならDTMがat.jsをロード始める前にすでにページのレンダリングが始まっており、at.jsがあとから非同期でやって来て画面を一瞬真っ白にするんですね。
それで、at.jsの仕事が終わったら再び画面を表示するのです。
なんという事でしょう。

というわけで、at.jsがopacityを0にするのを回避する方法です。

1. DTMのAdobe Target設定を開き、[ライブラリ管理] > [エディタを開く]

2. at.jsコード内の opacity:0 という文字列を検索する。

3. 該当箇所を opacity:1 に置換する。

4. 設定を保存してステージングモードで動作確認後、画面が一瞬真っ白になるチラつきが起きなければ、本番発行。

以上です。

本日はDTMでat.jsを配信した際に画面が一瞬真っ白になってチラつく問題が回避する小技についてでした。

弊社ではAdobe TargetなどのABテストツールの導入支援も行っております。
お問い合わせはこちらからどうぞ

関連記事

  1. Adobe Target

    Adobe Target: スマホアプリ上でABテストをする

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。スマホアプリにAdob…

  2. Ad Hoc Analysis

    Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方…

    Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B…

  3. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの処理ルール…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGoogle T…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能の…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能

    こんにちは、CEOの原田です。今回は随分前から公開されてるのに…

最近の記事

  1. Tableau:累計ユニークカウント数を時系列グラフで表現す…
  2. Tableau×BigQueryをコスパ良く使う方法
  3. Tableau:分かりやすいLOD – INCL…
  4. Google Apps Scriptを使ってスプレッドシート…
  5. Google Compute EngineのUbuntu V…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMe…
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスド…
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する
  4. Adobe Experience Cloud

    Adobe Marketing Cloud:サインインで問題が起きたときの対処法…
  5. GA 360 Suite

    GoogleDataStudio:GoogleAnalyticsのカスタムチャネ…
PAGE TOP