Adobe Analytics

Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをDataStudioで可視化する

こんにちは、エクスチュアCTOの権です。

前回のブログで、BigQueryにロードしたAdobeのデータフィードテーブルに対してSQLクエリを実行し、データを集計するところまで書きました。
今回は、Google DataStudioからBigQueryに接続し、Adobeのデータをグラフで表示してみます。

DataStudioからBigQueryに接続するためには、
1. BigQueryのテーブルまたはビューを作っておいて、それをデータソースとして読み込む方法と、
2. またはDataStudioからカスタムクエリを実行する方法
この2つの方法が存在します。

今回は、BigQueryでビューを作成しておいて、そのデータをDataStudioから接続して、グラフ表示してみます。

BigQuery上でビューを作成する

BigQueryで、ページ名に対してページビュー数x訪問回数x実訪問者数の指標を表示するためのクエリを作成します。

このようなクエリを書いて実行します。
※ページ名が長いので、SUBSTRで短くしてます。

SELECT SUBSTR(post_pagename, 0, 60) AS pagename,
COUNT(post_pagename) AS pageview,
EXACT_COUNT_DISTINCT(STRING(post_visid_high) + STRING(post_visid_low) + STRING(visit_num)) AS visits,
EXACT_COUNT_DISTINCT(STRING(post_visid_high) + STRING(post_visid_low)) AS visitors,
FROM [test:my_adobe_datafeed.online_users]
WHERE date(date_time) >= '2017-05-16'
AND  date(date_time) <= '2017-05-31'
AND hit_source = 1
AND exclude_hit = 0
GROUP BY pagename
ORDER BY pageview DESC;

結果はこうなりました。

この結果をビューとして保存するので、[Save View]ボタンをクリックして、名前をつけて保存します。

Data StudioからBigQueryに接続する

次はData StudioからBigQueryに接続します。

まずは[空白]テンプレートからレポートを作成します。
データソース選択のメニューが出て来たら、[新しいデータソースを作成]をクリックします。

コネクタ一覧の中のBigQueryから、プロジェクトとデータセットを開くと先ほど作ったpages_by_pv_visits_visitorsビューを選べるので、[接続]します。

pageview, visits, visitorsの3つの指標(タイプ:[数値] / 集計方法:[合計])と、pagenameというのディメンション(テキスト)がロードされるので、[レポートに追加]します。

真っ白でグリッド線だけが表示されてるレポート編集画面が出て来るので、「棒グラフ」を挿入します。

ディメンションにpagename、指標にpageview, visits, visitorsの3つを選び、並べ替えをpageviewで降順にします。

それから[スタイル]タブを開いて、見た目を微調整します。

・[横棒]にする
・[単色]のチェックを外す
・[データラベルを表示]にチェックを入れる

あとは、グラフのサイズをドラッグ&ドロップで微調整したら、こんな感じになります。
レポートの名前も、デフォルトの無題から、わかりやすい名前に変えておきます。

これで、Adobe Analytics -> Datafeedでエクスポート -> Google Compute Engine(SFTP)に転送 -> BigQueryにロード -> DataStudioでグラフ化 という道のりを経て可視化出来ました。

今回はDataStudioからBigQueryに接続して、データをグラフ化する方法について説明しました。
次回は、引き続きBigQueryにロードしたAdobeのデータを使って、機械学習によるページビュー予測分析について書いてみようと思います。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics:WordPressやHTML5内の動画を計測する

    こんにちは、エクスチュアの鈴木です。Adobe Analyti…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

    Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle BigQueryのテーブルにロードす…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。前回のブログの続きです…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント設定を作成・更新する…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe Ma…

  5. GA 360 Suite

    BigQuery: Google Analytics 360のネストされたデータをフラット変換するS…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGA360のBi…

  6. Google Analytics

    Google Analytics StandardのデータをBigQueryで分析するための力技

    こんにちは、エクスチュアの権です。先月「Google Clou…

最近の記事

  1. Google Compute EngineのUbuntu V…
  2. Firebase Analyticsの新しいBigQuery…
  3. Adobe Cloud Platform Auditor (…
  4. Google Analytics Standardのデータを…
  5. Google Tag Manager上でGoogle Ana…
  1. Google BigQuery

    GCP: 今月のGCP課金額をslackに自動的に書き込む
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをBigQueryで集計する
  3. Adobe Analytics

    BigQuery: Adobe Datafeed: event_listカラムの…
  4. ObservePoint

    ObservePoint:強力でアツい機能を持つサイト監査ツールの紹介
  5. Ad Hoc Analysis

    Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条…
PAGE TOP