Adobe Analytics

Adobe Analytics: カスタムリンク計測を1行で書く

こんにちは、CTOの権です。

Adobe Analytics のリンク計測用関数のs.tlの四番目の引数である variable override ですが、
あまり使われてないというか知られてないようですね。
連想配列形式で変数を渡せるので、コードが1行でスッキリ書けるので私はよく使ってます。

//custom link tracking
s.tl(true, "o", "customlink", {linkTrackVars:"events,eVar1", linkTrackEvents:"event1", eVar1:"foobar", events:"event1"});

セミコロンで区切りつつ改行なしで1行で書けば確かにそれは1行にはなりますが、
こっちの方がササっと書けて、いちいち変数に「s.」つけなくて文字数も少なくて良いかも?(謎)

同様にページビュー計測のs.tも引数として連想配列形式で渡せます。

//page view tracking
s.t({pageName:"hoge", eVar2:"fuga"});

ただし最近はDTMなどのタグマネージャーで実装するケースが増えてるので、あまりs.tの引数を使う機会は少ないですかね。
なお、variable overrideにセットした変数も、かならずdoPlugins関数の処理が実行されるので、最終的にdoPluginsで上書きした方が効率よい事が多いです。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをBigQueryで集計する

    こんにちは、CTOの権です。前回のブログで、Adobeのデータ…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する際の小技

    こんにちは、CTOの権です。今回も、かつて個人ブログで書いた記…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMeasurement.…

    こんにちは、CTOの権です。今まで個人ブログで技術メモを兼ねた記事…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使え…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

    Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する

    こんにちは、CTOの権です。弊社Webサイトでは「どこどこJP」を…

最近の記事

  1. Firebase AnalyticsのデータをフラットなCS…
  2. Adobe Analytics: BigQueryにロードし…
  3. Adobe Analytics: データフィードをBigQu…
  4. Adobe Analytics: データフィードをGoogl…
  5. Adobe Analytics: データフィードをGoogl…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: AppMeasurement.jsの実装開発作…
  2. Adobe Audience Manager

    Adobe Audience Manager: REST APIを使ってTrai…
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する…
  4. Google Cloud Platform

    Firebase AnalyticsのデータをフラットなCSVに変換するETL処…
  5. Ad Hoc Analysis

    Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条…
PAGE TOP