Adobe Analytics

Adobe Analytics: カスタムリンク計測を1行で書く

こんにちは、エクスチュアCTOの権です。

Adobe Analytics のリンク計測用関数のs.tlの四番目の引数である variable override ですが、
あまり使われてないというか知られてないようですね。
連想配列形式で変数を渡せるので、コードが1行でスッキリ書けるので私はよく使ってます。

//custom link tracking
s.tl(true, "o", "customlink", {linkTrackVars:"events,eVar1", linkTrackEvents:"event1", eVar1:"foobar", events:"event1"});

セミコロンで区切りつつ改行なしで1行で書けば確かにそれは1行にはなりますが、
こっちの方がササっと書けて、いちいち変数に「s.」つけなくて文字数も少なくて良いかも?(謎)

同様にページビュー計測のs.tも引数として連想配列形式で渡せます。

//page view tracking
s.t({pageName:"hoge", eVar2:"fuga"});

ただし最近はDTMなどのタグマネージャーで実装するケースが増えてるので、あまりs.tの引数を使う機会は少ないですかね。
なお、variable overrideにセットした変数も、かならずdoPlugins関数の処理が実行されるので、最終的にdoPluginsで上書きした方が効率よい事が多いです。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: SegmentsAPIを使って大量のセグメント設定を作成・更新する…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe Ma…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能の…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。弊社Webサイトでは「どこ…

  4. Adobe Analytics

    AdobeAnalytics: GTMのdataLayerをAdobeAnalyticsの処理ルール…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はGoogle T…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: RSIDを間違えてしまったデータを正しいRSに入れ直す

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe An…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: ランドスケイプの「企業ログ解析データベースAPI」と連携する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はランドスケイプの…

最近の記事

  1. Tableau:累計ユニークカウント数を時系列グラフで表現す…
  2. Tableau×BigQueryをコスパ良く使う方法
  3. Tableau:分かりやすいLOD – INCL…
  4. Google Apps Scriptを使ってスプレッドシート…
  5. Google Compute EngineのUbuntu V…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをD…
  2. Google BigQuery

    Google Apps Scriptを使ってスプレッドシートからBigQuery…
  3. Tableau

    Tableau Viz紹介 : 10.4新機能を使ってダッシュボードを作ってみた…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle BigQuery…
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMe…
PAGE TOP