Adobe Analytics

Adobe Analytics: AppMeasurement.jsの実装開発作業に使うツール Javascript編

こんにちは、CTOの権です。
今回はAdobe Analyticsの計測コードであるAppMeasurement.jsの実装時に使うと便利なツールについて紹介します。

AppMeasument.jsはJavascriptで書かれています。
つまりAdobe Analyticsを導入するためには、多少のJavascriptの開発が必要です。

Chrome デベロッパーツール

言わずと知れたデバッグツールです。
WindowsならF12ボタン、Macならoption + command + Jで起動します。

個人的に助かるのは、要素の「検証」で、右クリック > [Copy selector]でセレクタをクリップボードにコピーできる点です。

セレクタをクリップボードにコピーする

セレクタをクリップボードにコピーする

これでJQueryを使ったカスタムリンクの実装や、DTMでのイベントルールの設定が非常に楽になりました。
また、スマホのエミュレートモードも搭載されているので、スマホ用の実装の検証も捗ります。

あと、ユーザーエージェントの変更機能もあるのですが、デフォルトでは隠れています。
[More Tools] > [Network Conditions]を開くと、User-Agent設定項目が出て来ます。

Chromeのユーザーエージェント変更

Chromeのユーザーエージェント変更

あと、難読化されているJSファイルを綺麗にインデントして表示してくれるPretty Printという機能があります。
読みづらいJavascriptソースが、一気に読みやすくなります。

Pretty printを使えば読みやすい

Pretty printを使えば読みやすい

もし興味があれば、この機能を使ってAppMeasurement.jsファイルがどんな事をしているのか覗いてみてください。
昔、私がオムニチュアに入った時の入社試験の課題で、「s_code.js(SiteCatalystのレガシーJS)が何をしているのか解読する」という課題がありました。
このツールが当時から存在していたらもっと楽だったかも知れません。

Firefox 開発ツール

長年愛用し続けたFirebugがとうとう開発終了してしまいました。
Firefox 50からはFirebugが正常に動作しません。
試したところ「スクリプト」タブが全く動作せず、ページ内でロードされているJavascriptファイルのデバッグが出来ませんでした。

そのため、今後はFirefox標準の開発ツールを使う事になります。
UIがFirebugと異なるので、最初は慣れが必要ですが、慣れれば便利そうです。(まだ慣れてない。。。)
ローカルストレージ/セッションストレージのインスペクタもデフォルトで搭載されており、Firebugのように追加機能のインストールは不要です。

また、レスポンシブデザインモードがあり、これを使うと画面の解像度を自由に変更してテスト可能です。

Firefoxのレスポンシブモード

Firefoxのレスポンシブモード

レスポンシブモードのユーザーエージェントはFirefoxのままなので、カスタムのユーザーエージェントを設定するか、アドオンのUser-Agent Switcherも使うと便利です。
なお、2016年12月現在開発中のFirefox52ではレスポンシブモードにデバイス選択機能も搭載される予定で、これを使えばスマホのエミュレートも簡単に出来るようになります。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Tools/Responsive_Design_Mode
リリースが待ち遠しいです。

他には、Safariの開発メニュー、IE/EdgeのF12開発者ツールなども存在します。
いずれもユーザーエージェント変更機能やコンソールがあり、AppMeasurement.jsの実装・検証に役立つツールです。

各ブラウザそれぞれの開発ツールの使い方を覚えると、作業が捗る事、間違いなしです。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: RSIDを間違えてしまったデータを正しいRSに入れ直す

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe An…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    こんにちは、CTOの権です。今回はAdobe Analytic…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能

    こんにちは、CEOの原田です。今回は随分前から公開されてるのに…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

    Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle Compute EngineのLin…

    こんにちは、CTOの権です。もはやWeb解析だけの時代は終わり、様…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle BigQueryのテーブルにロードす…

    こんにちは、CTOの権です。前回のブログの続きです。今回は…

最近の記事

  1. Adobe AnalyticsからDWHレポートをGoogl…
  2. Pardotの初期セットアップをする① DNSレコード設定と…
  3. Tag Manager: Adobe DTM で Googl…
  4. BigQuery: Google Analytics 360…
  5. Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取…
  1. Tableau

    Tableau:Presto APIを使ったTreasure Dataへのデータ…
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをBigQueryで集計する
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスド…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する…
  5. ObservePoint

    ObservePoint:強力でアツい機能を持つサイト監査ツールの紹介
PAGE TOP