Adobe Analytics

Adobe Analytics:ワークスペース:セグメント比較機能の紹介

Adobe Summitで発表されていたSegment IQ機能が実は使えるようになっていました。
試しに使ってみたら思ったよりも使えそうだったので紹介します。

まずSegment IQですがツール内では「セグメント比較」という機能で表示されているようです。
通常メニューでは到達できず、ワークスペース内の一機能として存在しています。

ワークスペースに入ったら、一番左のアイコンで(普段はあまり触らないであろう)一番上のアイコンを
クリックします。

そうするとパネルやフリーフォームを追加できるウィンドウが出てきますが、ここに「セグメント比較」があります。
セグメント比較をワークスペースへドラッグアンドドロップすると、以下のような画面になります。

segiq

2つセグメントを放り込む個所が出てくるので、操作としてはそこにセグメントを放り込むだけです。

実行をすると、ちょっと時間がかかりますが、以下のようなレポートが全自動で出てきます。

segmentiq

各セグメントのボリューム比較などは普通なのですが、セグメントの重複を計算して、ベン図にしてくれるところが便利です。

また、比較する両者のセグメントで各種指標のギャップが大きいもののランキングや、
関連性の高いセグメントランキングを出したりしてもくれます。

どうも解析をかけると、カンパニーで作ってあるすべてのセグメントを評価したうえで結果を返しているようなので、
セグメントが多い方が有用な結果が出てきます。

今までと違ってセグメント比較機能のために、分析用のセグメントを事前に作っておくという運用もなかなか良いのではないでしょうか。

Web解析ではセグメント分析は避けて通ることはできませんが、とても便利な機能が出ていたので紹介しました。

ちなみにこの手の機能が出ると「人がいらなくなる!?」みたいな意見が出てくることもありますが、
解析結果を読み解いて打ち手を考える、更に打ち手を実行して評価するという部分は人手でなくてはできないことなので
人でできることを更にパワーアップさせるもの、というように私では考えております。

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe AnalyticsのDatafeedをBigQueryのColumn-based Tim…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はBigQuery…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。弊社Webサイトでは「どこ…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使え…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: ランドスケイプの「企業ログ解析データベースAPI」と連携する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はランドスケイプの…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: VisitorAPIでSafariでもクロスドメイン計測をする

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe An…

  6. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by ObservePo…

    こんにちはCEOの原田です。本日は先日より利用可能になったAdob…

最近の記事

  1. Firebase Analyticsの新しいBigQuery…
  2. Adobe Cloud Platform Auditor (…
  3. Google Analytics Standardのデータを…
  4. Google Tag Manager上でGoogle Ana…
  5. BigQueryテーブルをAVRO形式でエクスポートしてHi…
  1. Adobe Audience Manager

    Adobe Audience Manager: REST APIを使ってTrai…
  2. GA 360 Suite

    GoogleDataStudio:GoogleAnalyticsのカスタムチャネ…
  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analyticsと「どこどこJP」のAPIを連携する
  5. Mouseflow

    Mouseflow: MouseflowタグをWebサイトに導入する
PAGE TOP