Ad Hoc Analysis

Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方法

Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B または C または D または E または F」のように、
複数の条件を設定することがありますが、この条件を1つ1つドラッグアンドドロップ→入力・・・とやっているととても面倒です。

今回は上記のような悩みを解消する、Ad Hoc Analysisで可能なセグメント技を紹介します。

手順1.Ad Hoc Analysisで、セグメントの条件にしたいディメンションのレポートを開く

手順2.セグメント条件にしたいディメンションの値をSHIFTを押しながら複数選択する。

手順3.右クリックして、セグメントを作成をクリック。

(こんな感じです)
adhoc1

手順4.選択したものがすべてセグメントの条件として選択されているので
ORをANDに変えたり、これらを一つのコンテナに入れるなどして編集してセグメントを完成させる。

adhoc2

 

このような形でセグメントビルダーが開きます。

 

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: AppMeasurement.jsの実装開発作業に使うツール Ja…

    こんにちは、CTOの権です。今回はAdobe Analyticsの…

  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: RSIDを間違えてしまったデータを正しいRSに入れ直す

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はAdobe An…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: BigQueryにロードしたデータフィードをDataStudioで…

    こんにちは、CTOの権です。前回のブログで、BigQueryに…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:Report Builderの小技:リクエストのあるシートを丸ごとコ…

    エクセルでの定期レポートを作る際に、一度データブロックを作っておけば以…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能の…

  6. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標

    Adobe Analyticsで1年以上前についた計算指標に関数が使え…

最近の記事

  1. Adobe AnalyticsからDWHレポートをGoogl…
  2. Pardotの初期セットアップをする① DNSレコード設定と…
  3. Tag Manager: Adobe DTM で Googl…
  4. BigQuery: Google Analytics 360…
  5. Adobe Target: at.jsの「チラつき」を手っ取…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:IF関数を使用した計算指標
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle BigQuery…
  3. Google Cloud Platform

    Google Compute Engine のLinuxVMにVNC接続する
  4. Google Cloud Platform

    Firebase AnalyticsのデータをフラットなCSVに変換するETL処…
  5. Mouseflow

    Mouseflow:検索の仕様
PAGE TOP