Ad Hoc Analysis

Adobe Analytics: Ad Hoc Analysisでセグメントの条件を一気に追加する方法

Adobe Analyticsでセグメントを作るとき、「A または B または C または D または E または F」のように、
複数の条件を設定することがありますが、この条件を1つ1つドラッグアンドドロップ→入力・・・とやっているととても面倒です。

今回は上記のような悩みを解消する、Ad Hoc Analysisで可能なセグメント技を紹介します。

手順1.Ad Hoc Analysisで、セグメントの条件にしたいディメンションのレポートを開く

手順2.セグメント条件にしたいディメンションの値をSHIFTを押しながら複数選択する。

手順3.右クリックして、セグメントを作成をクリック。

(こんな感じです)
adhoc1

手順4.選択したものがすべてセグメントの条件として選択されているので
ORをANDに変えたり、これらを一つのコンテナに入れるなどして編集してセグメントを完成させる。

adhoc2

 

このような形でセグメントビルダーが開きます。

 

関連記事

  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: ランドスケイプの「企業ログ解析データベースAPI」と連携する

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回はランドスケイプの…

  2. Adobe Analytics

    BigQuery: Adobe Datafeed: event_listカラムの手軽な扱い方

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回は、AdobeAn…

  3. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Legacy s_code.jsからAppMeasurement.…

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今まで個人ブログで技術メモ…

  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する際の小技

    こんにちは、エクスチュアCTOの権です。今回も、かつて個人ブロ…

  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:セグメントの落とし穴:滞在時間がおかしくなる

    Adobe Analyticsの持つ機能の中でも特に強力で便利な機能の…

  6. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by ObservePo…

    こんにちはCEOの原田です。本日は先日より利用可能になったAdob…

最近の記事

  1. Adobe Analytics: Datafeedのログから…
  2. Tableau:2つの値の比較に便利な「ダンベルチャート」を…
  3. Tableau:累計ユニークカウント数を時系列グラフで表現す…
  4. Tableau×BigQueryをコスパ良く使う方法
  5. Tableau:分かりやすいLOD – INCL…
  1. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Webサイト内で発生したJavascriptエ…
  2. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: データフィードをGoogle Compute …
  3. Adobe Cloud Platform Auditor

    Adobe Cloud Platform Auditor (Powered by…
  4. Adobe Analytics

    Adobe Analytics: Mobile SDK 4.x でアプリ計測する…
  5. Adobe Analytics

    Adobe Analytics:自動で分析してくれる貢献度分析(異常値検出)機能…
PAGE TOP